税源移譲?

税源移譲とやらで、
1月の給料から、源泉所得税が減る。
で、6月から、減った分の住民税が増える。
ので、負担の合計額は変わらない。
各お役所の説明では、どこでもそうやって
強調して書いてある。

でもね、住民税って、去年1年間の所得に対して
課税額を決めるでしょ?
って事は、実際に減り始める今年、19年度の所得と
6月からさっさと課税されちゃう18年度の所得が
まったく同じでなければ、税金負担は、場合によっては
大幅に変わるんじゃないの???
例えば、18年度はボーナスがもらえたけど
19年にはもらえなくて、激減しちゃう場合とか、
極端な話、18年12月に退職して、その後無職な場合、
18年分の収入に対して、どっかりと住民税を
払わないといけないわけで、増えた分の税金は、
一体どこでプラマイされるのかな~?
あちこちのお役所の説明見たけど、そーゆー事は、
どこにもまったく書いてなくて、ナゾのまま。
同じ例だけ載せるんじゃなくて、
増える場合と、減る場合の例もちゃんと載せてほしいよ。
なんか、都合の悪いことをごまかしてるように思えてしょーがない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント