フォントのVer.番号

「さなフォン飾」の漢字追加をちょこっとやってます。
でも、やっぱり飾の点々とかが多くて、
一度にたくさんは作れない。
こまめにVerUPしてくしかないな~と思ってるけど
Ver.の番号はどうしよう、と考えた。
他の文字は、割とさくさく書けることもあって
おおざっぱな番号でやってたんだけどねえ。

で、昔フォント買った時についてた文字コードテーブル表を
ぱらぱらっとめくってたんだけど、
区点コードでブロックごとに分かれてる、
この区の数字を、そのままVer番号に使ったら
いいんじゃないかと閃いた。
文字数でいうと、1ブロック94字になってる。
区切りで、ここまでやろう!っていうのも
目標になっていいし、これを機会に
全部のVer番号を見直そうかな~。

でも、Ver2からVer1になるのっておかしいよねえ。
うーみゅ。どーしよ。

あ、区点番号後ろにつけちゃおうかな。
Ver.1_38 = V1_38 = 第一水準の38区迄収録
とか、こんな感じで。
そうすれば、以前のアーカイブが混在してても、
ダブらないでVer番号を統一できそう?

どーしようか考えあぐねて、結局そのまんま数字が
バラバラになってるので、この機会に
ちゃんとしとこうかな。

以下覚え書き
さなフォン=V2.7=拡張漢字まで→V3
さなフォンP=V2=拡張漢字まで→V3
さなフォンOT=V2=拡張漢字まで→V3
さなフォン麦=V1=第一水準まで→V1_47
さなフォン業=V1.6=第二水準まで→V2_84
さなフォン丸=V2=拡張漢字まで→V3
さなフォン丸P=V2=拡張漢字まで→V3
さなフォン丸OT=V2=拡張漢字まで→V3
さなフォン悠=V2.1=拡張漢字まで→V3
さなフォン角 =V2=拡張漢字まで→V3
さなフォン角P=V2=拡張漢字まで→V3
さなフォン角OT=V2=拡張漢字まで→V3
さなフォン帯=V1.5=第一水準まで→V1_47
さなフォン飾=V1.21=第一水準途中→V1_35

と、ここまでやったら、Ver番号の説明ページも
作るべきか。。。コード表どーしよ。(・・;

"フォントのVer.番号" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント